営業の転職 転職を考えている人のためのサイト!

営業の転職

営業の転職におけるメリットやデメリットには、どういうものがあるのかをまとめてみました。
営業の転職は、そんなにむずかしいものではありません。

まったく異なる業種からの転職ともなると、その人自体を見ていかなければいけませんが、これまでも営業としてしっかり業績を出してきたという方なら、意外とあっさりできることがあります。
あつかう商品・サービスが変わるため、それに関する知識を蓄えていかなければいけませんが、営業力がある方なら後でどうにでもできることが多いのです。


営業の転職におけるメリットは、年収アップを狙いやすいということと、職場でのポジションアップを狙いやすいということです。

営業職は成果を重視するものなので、年齢や性別はそれほど重視されていません。
成果を出すことができれば、短期間での昇進を狙うこともできるのです。


これまでと同様の業界での転職なら、即戦力として期待されるため、高いポジションで転職することも可能なのです。

逆に営業の転職でのデメリットですが、こちらは安易に転職すると後悔してしまうということです。
営業波つぶしがきく職種なだけに、すぐに転職を考えてしまう方がいます。


しかしころころと仕事を変えてしまうような方は、いかに能力があっても不利になってしまいます。

選択肢が多いので、自身の指向性を考えずに転職してしまって失敗してしまうことがあります。
デメリットといっても、安易なことをしなければ問題があるわけではないので、そこに気をつけていれば大丈夫かもしれませんね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。