転職での資格 転職を考えている人のためのサイト!

転職での資格

転職で資格の有無は重要という話をよく耳にしますが、だからといってどんな資格でも良いというわけではありません。

さらに厳しいことになりますが、実は資格の有無はそれほど転職において有効なものではないのです。

企業が雇用する場合に重要視するのは、資格ではなく経験内容です。


もちろんまったく資格がない状態と比べたら、何らかの資格があった方がプラスになることが多くあります。

しかし資格があるからといって、その人が即戦力になるかどうかはわからないのです。

仕事の内容によって、どうしても必要な資格があるという場合なら、転職で資格が重要視されているといって良いでしょう。

しかし資格がなくても同様の仕事での実務経験が豊富にある方なら、資格があるけど実務経験がない方よりも重要視されます。


能力があれば資格を取得することができますが、資格があっても実務経験をすぐに増やすことはできないからです。

資格は転職よりも、キャリアアップをするために必要なものと考えた方が良いでしょう。

そのことに関して一定レベルの知識があるという証明よりも、実際にそのジャンルの仕事でどういうことをしてきたのかがわかる方が、採用担当者は判断しやすいのです。


転職で資格があるから絶対安心とは思わず、資格がある上でそれを活かしてどういうことができるのかという方向でアピールすると良いでしょう。

新卒採用なら話は別かもしれませんが、転職の場合はこういうこともあるので、覚えておいてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。